RIP Steave Jobs


スティーブ・ジョブズが亡くなりました。
このブログのタイトルにもなっているコンピュータ、
とりわけパーソナルコンピュータの発展に多大な功績をもたらした人物。
いや、陳腐すぎて彼に失礼な表現で申し訳ない。
ただ、パソコンに関する生業に身をおくものとしては、彼がいなければ今の自分はいないと思うのです。
決してApple信者ではないですが、ジョブズとゲイツがいなければ、今のPCが普通にビジネス、ホビーで使われることはなかっただろう。(あと、もちろん西和彦氏もね)
アップル][、マッキントッシュ、imac、ipod、iphone、itunes、ipad
app store
彼がいなければ無かったこの世の創造物、
世の中をコンピュータで素敵にした創造神。
彼の言葉で一番すきなのは
“Because Death is very likely the single best invention of Life.”
彼が17,18の頃に達した、明日死ぬならば、今何をするのか、という境地、
それが彼のクリエイティビティに繋がったという話。
死を意識することこそ生きることを良くする手段である。
ジョブズは10代で気づいたが、今からでも遅くはない。
ひとまずは安らかにお眠り下さい、
あなたのお陰で世界中の人々がコンピュータを使って豊かに暮らすことが、できています。
本当にありがとう。
iphone4Steave、買っちゃいそうじゃないかっ!

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

nineteen − ten =