フェルミ推定 ~携帯古事記は何人いるのか~(予告編)


さて、マイクロソフトの入社試験で使われているとのおなじみフェルミ推定。

これは同名の書籍によると、「日本には電柱が何本あるか?」とかいう想定もつかないものをざっくりとした推論から導き出すというもの(むかーし読んだ本なんでかなり端折ってます。説明)。

これの考え方を用いて、一体日本に携帯古事記を営んでいる人が何人いるのか、

また、毎月発表される各キャリアのMNP数のうち、一般人がどの程度で、携帯古事記がどの程度の割合を占めるのかを大胆に推定しちゃおうという、思いつき企画。

着目点①
すごく条件が良いCBなどを出しているケータイショップのツイッタ―フォロー数に着目。

着目点②
いきなり日本全体は難しいので、関東近県に絞って考察。

着目点③
各地方の人口分布の割合から、日本全国の携帯古事記数を算出。

着目点④
携帯古事記のみなさんが月間にMNPを行う平均の回数を算出し、保有キャリアの回線数を掛けて月間のMNPのうち古事記分を割り出す。

着目点⑤
月間のMNP数から③の数を引いて一般のMNP件数を割り出す。

さて、計算してみよう。詳細は次回。

You may also like...

1 件の返信

  1. Thank you for your article.Thanks Again. Awesome.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

4 × two =