湾岸戦争、911、そして今回。


これまでに明日の世界がどうなるか、不安で眠れなくなった経験。
湾岸戦争、たしか1991年
パトリオットミサイルが飛び交う映像におそれおののいた。
911、2001年
新宿のオフィスからタクシーで帰りついてテレビをつけた時の衝撃。
戦争が間違いなく始まると思った。
そして今回。
311、2011年
原発の話と有り余る地下エネルギーの胎動。
無政府状態。国としての機能麻痺。
これで東海・東南海・南関東直下型地震
富士山噴火
西日本~九州一帯の連鎖的な地震
新燃岳もまだ燃えてますよね。火山の噴火。
「東京の人口流出、富裕層中心に」
が現実のものとなる可能性は高い。
俯瞰的に見れていない。
5号機、6号機の状態はちゃんと監視してるのか?
東電の現場は懸命の対応をしていると思ってる。
指揮を執っているのは誰だ?
震災の対応についてもそう。
優先順位としては原発対応だが、俯瞰して、分担して、タスクの割り当てができているのか?
リソースは足りているのか?不足しているなら、国内野党・国外への適切な要請をすべきではないのか。
現政権のプロパガンダなんか国民はみんな見透かしている。
省電力担当相はドコモのエリアメールを無駄に使って国民をシラケさせている。
見え透いた宣伝はうんざりだ。
ボラ担当相は何してんの?
計画停電対象外の平和ボケ都民は買占めにいそしむ。
今首都直下型が来たら、自衛隊すぐには来れんよ?
そもそも高層マンション停電したらエレベータ止まるからね?
火が出たら足がつっても階段を押し合いへし合い転がるだけだからね?
独り身だったら、もうお前らもろとも滅んじまえって叫びそう。
でも、未来ある子供たちを目の前に、
それだけはできないな・・・
日々無力感・だるさ・花粉症で滅入っています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two × five =