インターネット名作劇場・レビュー(3.痴漢男)


3.痴漢男

※ややネタバレあります。注意。(いまさら・・・ですが)

最近知ったのが、これ。

意外かもしれない。

それもそのはず、元になった2chへの投稿は2004年の11月。

あとで書くつもりだが、超メジャーになった電車男のすぐあとだったんで、「二番煎じ」臭がして手を出さなかったのかもしれない。

で、先に手を出したのは漫画版のほう。

これも、「4.オナニーマスター黒沢」を捜索していたら、詰め合わせでYOKO氏作画のものがセットになっていたという寸法。

web漫画を見るのは「4.オナニーマスター黒沢」に続いて2回目だったんだが、マジで引き込まれてしまった。テンポよく展開する話と、意外な展開の連続、ジョジョパロや「やらないか」の超有名キャラが登場したりツボつかれまくり。

のちに、2chまとめ版も読んだんだが、漫画版の出来は秀逸である。

簡単なストーリーは、「痴漢に間違えられた男(アニオタ大学生、彼女いない歴=年齢、童貞)が、間違えた女の友達達と、友達関係と恋愛関係の間で成長?していく」物語。

電車男と被る設定が多いものの、電車が2ch板住人のことをよく聞くのに対し、痴漢は「聞くが参考にしない」というキャラクターを確立し暴走する。

ありえない展開の連続に、引き込まれる。

また、漫画版の見せ方が上手くて。(好きなところは「する?」(関西の顔)「しない」のところか。)

漫画を読んでまとめサイトの順番がお勧めです。

(漫画はもう公開されてないんだけどね・・・)

もう、30歳超えて涙もろくなったのもあるけど、最後ふつーに、泣ける。

あと、30超えたオッサンは、学生時代にケータイメールがあったら、もっと違う恋愛形態があったんだろーな、と学生時代に思いを馳せてしまうわけで・・・

一度は読むことをお勧めします。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one × four =