短縮URLを使ったメッセンジャー経由のウィルス


が、再び流行の兆しを見せているようです。
http://**.ly などの文字列で始まるやつ。
このアドレスと短いメッセージをメッセンジャで送りつけ、Facebookのアドレスを詐称してウィルスサイトに誘導する仕組みらしい。
亜種はいかにメジャーなウィルス対策ソフトであっても、検体がなければパターンファイルを作れない。
Microsoft Security Essentialsで駆除できたという話も・・・
勢い余って短縮URLをクリックしない。
Twitter慣れしている人にはきついだろーね。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 × 4 =