1,980円のUSBデバイスサーバ その2 USBフラッシュを試す


さて、格安USBデバイスサーバ ATUS-004ですが、USBストレージを試してみました。

あまり時間がなかったので1種類だけ。

テスト対象:グリーンハウスの高速USBフラッシュメモリ GH-UFD16GD

CrystalDiskMark2.2で、ローカルUSB接続時とUSBデバイスサーバ経由時をベンチしました。

ローカル時

Usbpicolocal

————————————————–
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
      Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
————————————————–

   Sequential Read :   34.089 MB/s
  Sequential Write :   13.979 MB/s
Random Read 512KB :   34.425 MB/s
Random Write 512KB :    1.418 MB/s
   Random Read 4KB :    7.996 MB/s
  Random Write 4KB :    0.013 MB/s

         Test Size : 100 MB
              Date : 2011/03/24 2:59:31

USBデバイスサーバ経由時

Usbpicoremote

————————————————–
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
      Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
————————————————–

   Sequential Read :    4.569 MB/s
  Sequential Write :    4.598 MB/s
Random Read 512KB :    4.585 MB/s
Random Write 512KB :    1.210 MB/s
   Random Read 4KB :    1.801 MB/s
  Random Write 4KB :    0.015 MB/s

         Test Size : 100 MB
              Date : 2011/03/24 3:17:41

ReadとシーケンシャルRead/Writeはかなりの落ち込み。

その他はそうでもないようです。

IOデータのETG-US/DS(実売6000円程度)と比較すると、シーケンシャルは約半分くらいの性能でしょうか。

参考:ITMediaの記事

http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1003/04/news024.html

そっか、こないだ買った2TBのHDCR-2.0UEでやれば上記記事とのおおよその比較ができそう。

また時間があるときにでも。。。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five + 10 =