ATMEL rf24c08チップに挑む


さて、SVP解除のためには避けては通れない難関、部品を買って2年越しくらいになるがついに組み上げてみました。

Photo

またまた慣れない半田付けで(2年ぶりくらいか)芋だらけなんだが、いちおう結線上は問題なさそうな感じ。

で、フリーの読み出しツールを使って、まずはx200sでもPOTEGE R600でもなく、ジャンクの部品どりになり果てたX61sでやってみた。(例の、キーボード綺麗綺麗に掃除したジャンクパッドブームの火付け役第1号のX61s。例の店で買ったキーボードなし液晶綺麗なジャンクのX61sにキーボードを移植しました)

Photo_2

しかし、rf24c08、ICの足のピッチがこんなに狭いのね。。。比較するものが無くて分かりにくいと思うが、このグリーンのマイクロICクリップ、0.5mmのピッチをつかめるんだけど、そろそろ老眼気味の目にはつらい。

ルーペで見てもうーん!?SDAとSCLは短絡してないのか??っていうかんじ。

かんじんのシリアル搭載機は・・・ Thinkpad600Xを使う気には当然なれないので、X30をひっぱりだす。

でも、ドッキング(ウルトラベースX2)が見当たらない・・・部屋中をしっちゃかめっちゃかにしながらようやく探し当てて、トライ。

だーがー

エラーが出て吸い出し叶わず。

原因はこれから調査・・・

うーん 前途多難。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

8 − seven =