ユニコーンの歌詞に





ユニコーンの歌詞に

とても好きな節がある。

大迷惑という有名な曲

「お金なんかは ちょっとでいいのだ〜」

単身赴任で愛する妻に会えない日々、

お金のために働く自分を憂いて呟く主人公。

まさに人生この通りなんだと思う。

ただ、この「ちょっと」というフレーズに妙味があり、「ちょっと」の塩梅は人それぞれなんだな。

本当に清貧な暮らしの中にも愛や幸せを見つけられる事もあるし、そうは言っても先立つものがなければ生活もままならない。

お金がなくて苦しい、生きるのすら苦しい経験をした人は分かると思うけど、金って命だなあと思うことがあるんですよ。

金のない苦しさって息の詰まる苦しさなんだよね。



ということで、俺も一念発起して自分なりの「ちょっとでいいのだ」を探すことにする。

全ては学びだ。
給与所得を得ながらの不動産投資を始めるために、準備をします。
人生面白くなってきた。



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

20 − ten =