ドコモ光で月額▲840円通信費を減らす





ドコモ光を開通させた。

なぜに、熱心にDS尾根遺産たちがドコモ光をすすめてくるのか。

それは家計が助かるからだ。(本当)

ある一定の条件を満たしていれば、変えないのは損である。

ただし、自分ちの環境で適合するかは、よく見極めてね。



我が家の通信費構成(ドコモ光前)ざっくりこんな感じ。



アナログ固定電話 1720円

ドコモ シェアパック15 12,500円

ADSL(TikiTikiインターネット)3020円

合計 17,240円/月



ドコモ光化後はこうだ。

光電話 500円

ドコモ シェアパック15 12,500円

ドコモ光(TikiTikiインターネット)5,200円

ドコモ光セット割 ▲1,800円

合計 16,400円/月



月額▲840円



(一時費用)

初期費用 戸建て光化工事 18,000円 

事務手数料 3,000円

回線保管手続き 3,000円

合計 24,000円


特典

ドコモ光新規 20,000dポイント(2018年1月までのキャンペーン)

ショップ独自特典 商品券20,000円分







この恩恵に預かれる方の条件。



①ドコモのケータイを複数回線所有していて、シェアパック15以上を利用している。

②アナログの電話回線を保持していて、かつ家のインターネットをADSLで利用している。(月額おおむね3,000円)

③アナログ回線撤去に抵抗の無い人。災害時電源供給がない時に電話を利用しなくても困らない人。



おおまかにいってこんな感じ。でもね、40代後半以降の家族でこの条件を保持している家庭は結構残っていると思う。

事実、妻の実家もドコモ光に変えた。俺に相談なく。

光電話はどうしても電力の供給が前提になるので(アナログの電話は、電話線から電気が供給されるので、電話機次第では電源がいらない)災害時、特に2011年3月11日の災害を経験した身としてはちょっと気になる。だがこれだけ移動体通信網が発達した時代、固定のアナログ電話に固執するのはよっぽどの環境であると思われる。

災害時には移動体通信網も輻輳により役に立たない。

どうしても通信手段を残さなければならない名家にはお勧めしない。




速度気になる人のために貼っておく。マンションだったりプロバイダが違ったりしたら結果は違います。あしからず。

あと理論上1Gbpsですが、一番速度の出るプロバイダはGMOらしいです。これは接続方式の違いによるもので、詳しくは語りませんが、速さを求めるのであればGMOがいいかもしれません。

開通直後の、10/11(水)16:50時点の速度。




同、10/11(水)17:44




同、10/11(水)19:51




同、10/11(水)21:05



やり方なんですけど、親切なショップ店員がいましたらその方にお話しを聞いてください。

ショップ店員の成果にもなるのでWIN-WINですよ。

特に、ショップ独自の特典を用意しているところを探すべきです。

私はどちらかというとせっかちなので、Webでホイホイ手続きを進めていたのですが、初期費用の18,000円は結構な額で、▲840円で埋めるにしても22か月かかります。半端ないです。

そこで、ツイッターで検索してください。 ドコモ光 商品券 とかなんでもいいです。

近場のお店でヒットしたら、来店前に必ず電話して詳細を確認してください。

ドコモの公式施策でもdポイント20,000ポイント還元とかやっているので、それとは別の店舗独自施策だということを確認してください。

ドコモショップ店舗も光の契約はノルマになっているのでしょう、「ドコモ光の契約にきました」というと尾根遺産の表情も変わります。

私の場合、9月26日に申し込みをして、10月11日が工事の最短日でした。

ショップ店頭で工事日まで調整完了します。



auユーザーの方。

たぶんauもauひかりで同じようにお得に構成できると思います。どっちかといえばauの方が元祖なんです。光セット割。

ソフバンでもやってると思います。



それでは楽しくドコモに囲い込まれてよりよいネットライフを!





You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve + twelve =