Thinkpad 600X のその後


その後、無事インストールを終えてBlog書きに利用。

キータッチは抜群であるが、書く文は駄文なのでまぁ自己満足の世界。

X30/40の感覚で打っていると、矢印キーの下がずれるね。下を押したつもりが右を押している。

TS32GSSD25-M の調子は上々。

あえてCrystalDiskMarkとかでベンチは取っていないけど、フツーにそこそこ早く使えてる。

(ただし、600Xで通常のHDDを使ったことがないから比較ができないのだが・・・)

音はさすがに静か。この無音環境は慣れるとたまらんね。

バッテリーも意外に、30分程度持つことがわかったのでちょっと嬉しい。

中古のジャンク品で30分持てば上出来です。

さて、これ以上いじるところがなくなってしまった600X。

CPU交換(今はPen3-500MHz)、DVD-ROMへの交換、メモリ増設等

必要ないしね・・・

メモリは先日寄った秋葉で、16枚チップの256MBが2,480円で売っているところを発見。

ジャンク通りのところ。

XPにするなら570MB化してもいいけど。。。

Windows2000で十分です。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × 2 =