平成が終わる





平成が終わる

2019年4月30日。
平成31年4月30日でもある。

30年ちょっとにわたって続いた平成が終わる。
夕方に退位礼正殿の儀があり、陛下は退位せられた。
0時には元号が変わることになる。

前回の改元を体験する我々世代、団塊ジュニア世代の45歳あたりは、前回の重苦しい雰囲気の自粛ムードを知っている。
それが、今回の生前退位は、和やかな祝賀ムード。
今上天皇の意思であることは間違いない。

退位のテレビ中継を見て思ったが、やはり、不敬を承知で言うならば、同じ人として生まれたにも関わらず、象徴としての天皇を引き受けなければならない運命にあって、その身を粉にしてご公務に従事されたものと思う。

そして解き放たれるこの瞬間たるや、胸中いかばかりかと思う。




陛下は、生物学関連の研究に熱心なことが知られるとともに、皇居内で車の運転をされることや、学生時代に麻雀をなされたことも有名である。

ぜひ、一度お手合わせ願いたいところだ。
お忍びで新橋あたりのフリー雀荘に変装して来られるのはいかがか。

また、令和の時代になるにあたって、日本国全体が、不寛容を悪とする世の中になってほしいと切に願う。
陛下には明日からツイッターを始めていただき、生の声を全世界に発信するくらい自由奔放にすごしてほしい。
85年を皇族として、31年を日本国の象徴として、日本国民であれば享受できた人としての自由を国に捧げその職務を全うされたのだから。

ありがとう平成の時代、ありがとう陛下。

個人的な思い出は一杯あるけど、それは紙の日記帳に記すことにするよ。




You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × four =